初もみじ











こんばんは!!


あいにくの雨ですね~


ここのところ土日が仕事で、なかなかツーリングに出れません(泣)



いつも愛読させていただいております、サイクリストの方々のブログでなんとか病気にならずにすみました(いつも、ありがとうございます)



ウェザーニュースをチェックすると本日は15時頃から雨模様。



それまでに帰れればOKやん(笑)


いうことで、軽くながしてきました。



京田辺にある普賢寺のもみじが色づきだしたらしく、訪ねてきました。




優しい朝の日差しの中、木津川サイクリングロードをシボレーで駆け抜ける。



何と快適か!!


久しぶりやな~



もう半年ぐらい会ってないみたいな気分(笑)



気温が低いせいか、川面や山々に霧がかかっている。


水墨画のようや。


わびさびかな(笑)



京田辺に入りサイクリングロードとはお別れ。



旧村の方に走る。



段々と秋の装いになりつつある風景を楽しみながら、普賢寺に到着しました。



→画像1・普賢寺大御堂(ふげんじおおみどう)



紅葉がきれいや!!



ここのお寺さんは観音様が有名だそうです。




→画像2・紅葉と本堂



ひっそりとして穏やかな気持ちになれる。


本堂の中も自由に入れる。



今年初めて見る紅葉。



ええもんやな~



もう少し風景を楽しみたいから、走りたいからもっと旧村に向かって走りだす。




おお、立派な柿の木や!!



→画像3・村の風景



絵になるなあ~



っと、その時



雨(泣)



どしゃ降り(泣)



うそや~ん。


15時頃からやったはずやん(泣)




慌ててひき返すがボトボト。



横殴りの雨(笑)


台風それたやん(笑)




これ以上無理(T_T)



なんとか市内にあるホームセンターに避難。



走行距離20km(笑)



雨宿りをしてても、どんどん強くなる雨(泣)



家内に車で助けてもらいました(笑)



マシンを後ろに積んで。





帰宅すると、にゃんじろうが寝かけてた(笑)



→画像4・zzz… あっ、帰ってたん?お帰り




僕の布団やねんけど?




→画像5・夢のなか(笑)




今日はあまり走れなかったけど、紅葉が見れて良かった。



明日からがんばれそう(笑)

これから気温が下がるようなんで、みなさまもお身体御自愛くださいね。
スポンサーサイト

鹿背山の秋










こんばんは!!


今日は振替の代休でした!

週の頭に休むやなんて、なんか申し訳ない気がします。


スミマセン(笑)



ええお天気やったんで、もちろん走りに行ってきました。




木津川市にある



鹿背山(かせやま)



という集落を訪ねました。



何度も通ってはいるけど、その場所をゆったりと散策してみたかった。



今日はルイガノがお相手!


最近出番が少ないから、拗ねてるかも(笑)



ごめんな!!



走りはじめると、アツイくらい! 汗だく(笑)



木津川市の一番外れ、かなり田舎ですが、そこがいい。




景色が飛び込んできた。



→画像1・鹿背山風景



なんか童謡や昔話に出てきそうな雰囲気。



たまらない。



わりと山間地で農業が中心。お米と柿がメインです。



→画像2・丘よりのぞむ




鹿背山の柿は僕ら山城地域の人間にはすごいブランド!! なかなか食べられへん。



大きくて柔らか、めちゃめちゃ甘い。




→画像3・柿です



実は道に迷うて、柿園に入ってしもた!!



怪しまれたらアカンから、すぐにヘルメットとアイウェアをとる。



「柿泥棒やないんですよ」


的オーラを発する私(笑)



幸いどなたにも会わず、また集落の方へ戻れました。



ゆったりと時間がながれていく。



スローライフやな~



月曜から贅沢U^ェ^U



道端のあっちこっちに小さな石仏や祠なんかがある。


鹿背山はその昔、万葉集にも詠まれた場所だそうです。



ほんまにええとこやな。




しかし、折からのニュータウン開発により、この美しい里山も変わろうとしている。




→画像4・削られた山肌




バイパスもこの里を通るらしい。



反対を訴える看板もあちこちに。




地元の方々が望んだ開発なのでしょうか……






失われていく美しい風景。



太古の先人たちは、そして地域にお住まいの方々はどんな思いで見ているんやろう。




僕には何もできへん。
無力やわ(泣)



→画像5・夕暮れの木津川


自分が走り、訪ね、しっかりと風景を見つめていこう。



あらためて、そう心に思い帰路に向かった。



夕やけの美しい木津川に添って走り続けた。

プチ・ブルベ山城













おはようございます。

朝晩かなり冷え込んできましたね。

体調には気をつけましょう。



ここのところ、土日も仕事が多く(泣) サイクリングに出られずストレスが溜まっておりました(笑)


他のサイクリストの方々のブログを見ては自分も走った気でなんとか乗り越えてまいりました(笑)


昨日も半日仕事でしたが、急いで帰宅!



午後からのライディングなんで遠くにも行けへんので、僕のホーム&ベースコース



「木津川サイクリングロード」





「山背古道(やましろこどう)」



を流してきました。




ほんまにええ天気!!


気持ちもさわやか(笑)



EVERWINで出発!




サイクリングロードを北に。


今日は非常に多くのサイクリストさんにお会いする。

「オヤジ」


ばっかりやない! 親子やカップル、若い女性のグループ(楽しそう~)



マシンもいろいろ!


ロードバイクからママチャリまで。


ほんまにたくさんいてはる。




やがて山城大橋からサイクリングロードに別れ、旧村の方に入っていく。


山背古道に入ります。


何度も走り、何度もブログに記しました道(笑)



ほんまに心が穏やかに、優しい気持ちになれる。


不思議な道や。




→画像1・豊作ですね




ええ風景やな。


今日は水田に落ちんようにせな(笑)




→画像2・コスモスたち



満開やな~ きれいやな。


一輪だけ白いのを発見




→画像3・かわいいね




この週末あたりがお米の収穫のピークやそうです。




→画像4・絵になる風景



木津川サイクリングロード最南端の泉大橋にある


泉橋寺にもよるとサイクリストの方がお二人。



「お疲れ様です。どうぞどうぞ記念撮影です」



といわれ(笑) 写真を撮っていただく。



「ID番号か目印のバンダナあります?」



「………はっ?何のこと?」



「あっ、ごめんなさい。違いましたね(笑)」


「??」



お聞きすると


「プチ・ブルベ山城」


という木津川サイクリングロードのサイクルイベントやったそうで、事務局の方々でした。



ここがチェックポイントで、参加者の走行状況と記念撮影をされてるそうです。



ピースして写った自分が恥ずかしい(笑)



いろいろお話をさせていただき


「来年は是非参加してくださいね」


「は、はい」



お二人と別れ帰路へ向かう。




→画像5・EVERWINと黄昏



自分のホームロードをこんなにもたくさん(参加者は約100人)の方々に走っていただいて、うれしい。



いっちょ、来年は参加してみるか!!
(ホームページもあります)

小さな妖精たち(笑)







おはようございます。


10月になりましたね。
まだ暑かったり、雨で冷え込んだりと天候が目まぐるしく変わりますね(笑)


風邪ひいたりせんように気をつけましょうね。




昨日は秋晴れのほんまにええ天気でしたね!


やはりこういう日はどこかへ走りに行きたい。



行き先を決めずに、のんびりとあてもなくツーリングに出かけました。



UMBROのロゴがきまった(笑)

EVERWINで!!


もちろん、ウェアもUMBROで
U^ェ^U



あたたかい陽射しと心地よい風が穏やかな気持ちにしてくれる。



軽やかなペダリング。
快適なツーリング。



走るには今が一番ええ季節かも。



山城町の一番端の山里まで来ていた。


行き先を決めへんのもええもんや。




おっ、僕の好きな風景が見えてきた。




→画像1・日本の原風景



稲穂が実って黄金色や。



その時アクシデント(笑)



畦道から足を滑らして、収穫後の水田に落ちちゃった(泣)



両足がはまった状態。



足が抜けない(泣)
動けば動くほど、もがけばもがくほど深みにはまっていく(>_<)



どうしよう。出られへん(泣)


このまま「かかし」にならなあかんのやろか(泣)




畦道の方から



「なにしてんの~」



見上げると可愛らしい女の子が声をかけてきた。



「あっ、おじさんね、田んぼに落ちちゃった(笑)」



「そ~なんや。だいじょうぶ?」



「ううん。平気平気(笑)」


今度はお兄ちゃんらしき小学生ぐらいの男の子がきた!



「大丈夫ですか?」



「ううん。大丈夫やで」



「すぐ、お父さん呼んできます」



「あ、いいよいいよ。大丈夫やから」



来てもらったら、なんかややこしくなりそう(笑)



ヘルメットにアイウェアのオッサンが田んぼにはまって(笑)


親御さんはゼッタイ怪しむ(笑)



お兄ちゃんが野球のバットをもってきてくれて、それにつかまってなんとかあがれた(笑)



二人に御礼。



三年生と四歳やて。


二人とも可愛らしい、ええ子やわ。



女の子の方がEVERWINを見て



「すご~い。じてんしゃ~じてんしゃ~」



お褒めいただきありがとうございます。


「じてんしゃ~じてんしゃ~」



ありがとうね。 二人も遊ぶ時は気つけや。



お兄ちゃんが

「うちの田んぼです」


「…………(笑)」



お兄ちゃんはしっかりしてる。ええ後継者になるわ。


ありがとうね。それじゃ、さようなら。



「バイバイ~」



女の子が大きい声で手を振ってくれてる。


どんどん遠くなっても


「バイバイ~」


見送ってくれている。


僕が見えなくなるまで。



なんか心があたたかくなれた。



二人のおかげかな。



両足はボトボトやけど(笑)



コスモスが満開や。



→画像2・風にそよぐコスモス



収穫後の田んぼも絵になる風景や。



→画像3・豊作


藁が犬に見えた(笑)


畦道には彼岸花が美しく咲いていた。



→画像4・鮮やかな紅色



今日もいいツーリングができた。



秋を感じれたし、二人のおかげかな(笑)


また、あの里を訪ねてみたい。
GO TOP